ボトックスでワキガ・多汗症の治療の体験談

顔のシワ取り治療で有名なボトックスは、ワキガ・多汗症の治療にも有効です。ボトックスには汗腺の働きを抑える作用があるため、気になる部分に注射すれば、汗の分泌が抑えられます。その結果、汗の量やそれに伴う臭いを軽減することができるのです。
ボトックスによるワキガ・多汗症治療は、脇はもちろん、手のひらや足の裏にも有効です。メスで汗腺を摘出するワキガ・多汗症治療と違って、手術の傷痕が残らないことは、ボトックス治療の大きなメリットだといえるでしょう。実際に、多くの人がボトックス注射で快適な毎日を手に入れています。ここでは、そんな体験談の一部をご紹介しましょう。

30代・会社員・T様

グレーのTシャツが着れるようになりました

30代・会社員・T様

筋肉質なふくらはぎふがコンプレックスで、スキニーデニムはもちろん流行りのミモレ丈スカートなんかも履けませんでした。でも、ボトックス注射をしてから、ボコッとしていた太い脚がスッキリしたので、スキニーデニムもミモレ丈スカートも履くことができるようになりました。オシャレの幅が広がったのがすっごく嬉しいです。

20代・会社員・S様

ワキガ治療をして、男らしくなった

20代・会社員・S様

高校性のとき、好きな女の子に告白をしたら、「Sくん臭い」と言われ自分がワキガであることを気づきました。それから、人を避ける日々を過ごしていたのですが、大学に通うことになったためボトックス注射での治療を決めました。現在は、3年目ですが、定期的に注射をしていると効果が長く持続するようになります。もう人混みも怖くありません。

30代・OL・M様

脇汗が減って、オシャレの幅が広がりました。

30代・OL・M様

夏になると、脇の汗がすごくて悩んでいました。汗ジミが怖くて、グレーの服やサテンのブラウスは絶対着られません。ところが、ボトックス注射をしてみたら嘘みたいに脇が爽やかに!服の素材や色を気にせず、着たい服を自由に着られるので、オシャレの幅が広がりました。汗の量が少なくなると、服が傷みにくくなるのも嬉しいですね。

20代・会社員・S様

注射だけで治るわけないと思ってました。

20代・会社員・S様

手のひらの汗が恥ずかしくて、以前からワキガ・多汗症のボトックス治療に興味がありました。でも、最初は、注射だけで多汗症が治るなんて信じていなかったんです。ところが、カウンセリングで、ボトックスは汗腺の働きを抑えるから汗の分泌が減る、という原理を説明してもらって納得できました。先生の言葉を信じて、本当に良かったです。

30代・主婦・K様

麻酔もできるから、注射なんて怖くない!

30代・主婦・K様

脇の汗を減らしたくて、ボトックス注射を受けました。私はすごく痛がりの怖がりなので、カウンセリングではっきりそう伝えました。すると、先生は「麻酔もできるから大丈夫ですよ」と言ってくれました。施術当日は、注射前に麻酔クリームを塗ってもらったので、痛みは全然感じませんでした。おかげで、術後だけでなく術中もストレスフリーです。

40代・会社員・O様

クリニック滞在時間45分!
驚きの早さでした。

40代・会社員・O様

私がボトックス治療を選んだのは、会社を休める日がないからです。ボトックス注射なら翌日でも休まず仕事に行けると聞いて、仕事が午前上がりの日に施術を受けることにしました。予約が午後3時だったのですが、施術が終わってクリニックを出たのが午後3時45分!想像以上に早くて、経過も良好で助かりました。

ボトックスにおすすめのクリニックはこちら

pagetopへ