ボトックスでワキガ・多汗症治療

ボトックスでワキガ・多汗症治療

ボトックスの力で「汗の悩み」をスッキリ解消!

汗は、汗腺という組織の働きによって分泌されます。汗をかくことは体温を冷やしたり、老廃物を吐き出すために必要なことですが、弊害をもたらす場合もあります。それがワキガ・多汗症です。ワキガと多汗症は、それぞれで生じる問題こそ異なりますが、どちらも汗腺の異常な働きが原因です。ボトックスを注射することで、その汗腺の異常な働きを抑え、ワキガや多汗症の症状を改善することができます。ボトックス注射は、手術に頼らない、もっとも手軽に受けられるワキガ・多汗症の治療方法なのです。

施術方法

ボトックス注射によるワキガ・多汗症治療は、剪除法などの外科的手術による汗腺の直接除去よりとても簡単で、とてもシンプルです。ボトックス注射は、その名のとおり、患部にボトックス成分を注射するだけ。たったこれだけで良いのです。ワキガの治療であれば、主にわきの下へ。多汗症の治療であれば、特に汗をかきやすい部位へ。それぞれ注射一本分のボトックスを注入するだけです。注射をするときのチクッとした痛みが苦手という人は、麻酔や冷温処置によって注射の痛みを和らげる工夫を講じてくれる美容外科もあるので、そういったところを選ぶようにしましょう。施術時間は、およそ10分程度と非常に短時間で済みます。

ボトックスでワキガ・多汗症治療の効果

ボトックスを注射することによって、筋肉が収縮しそれに伴って汗腺の働きも抑制されます。多汗症は、汗腺が体温を下げるという目的以外で活発に働いてしまっていることが原因であるため、汗腺の働きを弱めることで改善されます。ワキガの場合、アポクリン汗腺という通常の汗腺とは異なる汗腺から分泌される汗が臭いの原因になっているので、アポクリン汗腺の働きを抑制することでワキガ特有の臭いがなくなります。どちらも汗腺の働きを弱めることで改善が見込めるものなので、手軽にできるボトックス注射は最適な施術といえます。全身ではなく患部の汗腺にだけ効果を発揮するという点も、ボトックス注射ならではです。

ボトックスのメリット

ボトックス注射のメリットは、施術が短時間で済むため手軽に受けられるということと、切開を必要としないため傷跡が残らないということ。そして、全身に対する施術ではなく患部へのピンポイントな施術であるということです。エクリン汗腺は全身の至るところに存在しており、全身の汗腺を取り除いたり活動を抑制することは現実的ではありません。また、もともと体温を下げたり老廃物を排出する役割もあるため、全身の汗腺に影響を及ぼすことは危険ですらあります。アポクリン汗腺はわきの下や性器周辺などごく一部の箇所に集中していますが、ワキガ特有の臭いを発生させるのは主にわき周辺です。一箇所、または数カ所のみ改善されれば良いというとき、ボトックス注射のピンポイントな施術はもっとも効率が良いのです。

ボトックスのデメリット

ボトックス注射のデメリットは、施術後しばらく患部に痛みや違和感が残ることと、継続的に施術を受けなければ効果を持続させることが難しいという点です。ボトックスを注射することで、患部周辺の筋肉は萎縮し働きが弱まります。それはつまり、筋力が低下するということを意味します。そのため、脚にボトックス注射を行えば脚力が、腕にボトックス注射を行えば腕力が一時的に低下するのです。日常生活に支障はない程度ですし、時間とともに痛みや違和感は消えますが、施術直後は注意しましょう。また、ボトックスの成分は時間経過と共に身体に溶け込み、1年ほどで効力を失います。ワキガ・多汗症の改善効果を維持したいという場合には、その都度ボトックス注射を受け直さなければならないのです。

pagetopへ