ボトックスでプチ小顔術

ボトックスでプチ小顔術

エラが張った顔もボトックスで小顔になれる

鍛えれば鍛えるほど、太く厚くなっていくのが筋肉です。もちろん顔の様々なパーツも筋肉でできており、活発に動かすことで鍛えられ、サイズが大きくなってしまうことがあります。小顔美人を目指している人にとって、顔の筋肉が発達することは避けたいことでしょう。ボトックス注射は、筋肉の働きを弱めることで発達することを防ぎ、顔のサイズアップを防いでくれます。小顔美人への憧れは、ボトックス注射で叶えましょう。

施術方法

ボトックス注射は、その名の通り注射を1本打つだけで小顔になることができるものなので、施術にかかる時間は、5分〜10分程度です。しかし、ボトックス注射によって理想の小顔になりたいというのであれば、事前にきちんとカウンセリングをする必要があります。エラが張っている人の場合は、筋肉が発達をしていて顔が大きく見えるという人もいれば、骨そのものが突き出してしまっていて顔が大きく見えるという人もいます。前者の場合は、ボトックス注射によって小顔になることができますが、後者の場合は、骨を削るなどの手術を行わなければ、思うような効果が得られないこともあります。ですから、きちんとカウンセリングを受けて、どういった小顔になりたいのか医師に伝えましょう。

ボトックスでプチ小顔術の効果

ボトックス注射をしてから、3週間〜1ヶ月ほどで徐々に顔がシャープになっていきます。体重そのものは変わらないものの、ほっそりとしたフェイスラインになるため、「痩せた?」と周りから聞かれることもあるでしょう。エラの筋肉が発達をしていて、顔が大きく見えてしまうという人にはかなり小顔効果があります。注射をすれば、内出血が起こる場合がありますが、ほんのわずかなものなので、メイクでカバーすることができます。術後すぐにメイクをすることが可能なので、周りの人に気が付かれることがなく施術が受けられますし、徐々にシャープになっていくため、とても自然な仕上がりになります。小顔効果を持続させたいという場合は、効果が薄れてきたころに定期的に注射をすることをおすすめします。

ボトックスのメリット

ボトックス注射は、施術にかかる時間がたったの5分〜10分程度なので、気軽に受けることができます。注射器で成分を注入するので、痛みも少なく、腫れもほとんどありません。メイクは術後すぐにできるため、周囲の人に気が付かれずに小顔になることができるのです。また、エラにボトックス注射を打つことで、咬筋の動きを和らげるため、顎関節症や歯ぎしりなども改善することができます。顎関節症や歯ぎしりの原因はいくつかの因子がありますが、その1つに咬筋の痛みや異常を感じることがあります。エラにボトックス注射を打つと、この咬筋の働きを和らげることができるため、痛みや異常を感じることがなくなる場合もあるのです。エラの筋肉が張っている人にはおすすめです。

ボトックスのデメリット

エラにボトックス注射を打つと、咬筋の働きが弱くなってしまうため、注射をしてから効果が出てくるまで、または効果がでてきた頃から堅い食べ物が食べにくくなってしまうことがあります。頬杖を長時間ついていて、顎の感覚が鈍くなるような感覚が続きます。普段の食事には大きな影響はないですが、せんべいやスルメ、フランスパンなど堅い食べ物を食べていると咬筋や顎に違和感を覚えることがあります。ただし、永久的に堅い食べ物が食べづらくなるのではなく、成分が体内に浸透をすれば違和感は徐々になくなります。また、違和感がなくなったころには、頬のラインがすっきりとシャープになっています。また、効果が持続するのは、半年〜1年程度なので、効果を持続させるためには定期的に注射をしなければなりません。

pagetopへ